亡くなった犬・ペットの気持ちは鑑定できる電話霊視

ペット電話霊視

  

亡くなった犬はどう思うってたの?ペットの電話霊視

10年前、ゴールデンレトリバーの女の子、リリィが他界しました。原因は肺炎です。
犬の中でもレトリバーの平均寿命は12、13歳です。私の犬はそれよりもずっと早い、10歳でした。

 

ある時期から、犬なのにタンのたくさん絡んだような咳をするようになり、特に帰宅時に興奮して飛びついてくるときなどは、
咳はさらに酷くなりました。病院に行くと、肺炎との事でした。

 

以来、食べやすい柔らかくふやかしたエサをスプーンであげたり、熱を出した時には、頭に冷たいタオルを乗せたりしましたが、
日増しに症状は悪くなっていきました。

 

ある春の日、仕事中に電話があり、天国に行ったと聞きました。
崩れ落ちて泣いてしまいました。

 

家に着くと、いつもの可愛らしい顔で寝ていましたが、呼吸はしておらず、目も深く閉じていました。
数時間の間、ずっと撫で続けましたが、いつものように指を舐めたりかじったりすることはありませんでした。

 

翌日、近くで、ペットのお葬式をやってくれるお寺へ行き、火葬をしてもらいました。
何度もお別れを言って、思い出に毛をハサミで切って、小箱にしまいました。

 

火葬の間、お寺の中を母と散歩しました。
とても風の強い日だったのを覚えています。

 

どこに移動しても、ずーっとついてくる大きなハチがいました。
何か気が立って刺すような動きではなく、ずーっと回りをチョロチョロと飛び回っていました。

 

何十メートル歩いてもずーっとついてきました。リリィみたいでした。
リリィがサヨナラを言いに来たに違いないと、母と話しました。

 

とても甘えん坊で、ずーっと触っててあげないと、すぐクンクンと泣いていました。
ちょっと物を取ろうと手を話すと、すぐに顔を近づけてベロベロと舐めてきました。
夜中もよく泣いていました。

 

「なんでお前はこんなに甘えん坊なんだよ、もうしつこいなー!」って言って邪険にした時もあったけど、
亡くなったリリィの気持ちを考えると、きっと、自分は他の子よりは早く天国に行くことを知っていたから、
愛情をたくさんもらいたいし、与えたいと思っていたのかもしれません。

 

恐山などに行って、イタコに頼んでペットの霊視ができるのだとしたら、頼んでみたいとは思います。
でも、そんな恐山なんて行けるわけがないし、近所で霊視できるところがあればなと思います。
犬でも家族同然でした。リリィが亡くなってぽっかり穴があいたままです。リリィはどう思っていたのか彼女の気持ちが知りたいし、あの時のはごめんねと自分の気持ちを伝えたいです。

 

 

亡くなったペットの気持ちを霊視するなら…

>亡くなったペットの気持ちを霊視

本物のアニマルコミュニケーター、つまり、本物の霊能者が在籍する電話占いなら、時間・場所を問わず霊視してもらえます。

 

霊視によって、あなたのワンちゃん、猫ちゃんは
あなたとの時間を幸せに思ってくれていたこと、
そして、あなたの幸せを願ってくれていることがわかるでしょう…。

 

あなたの後悔を手放してワンちゃんたちを天国に

あなたに心残り・後悔があるままだと、ワンちゃんたちは天国に行けないかもしれませんん。
後悔があるならアニマルコミュニケーターを通じて、あなたの気持ちを家族に伝えることもできますよ。

 

当サイトでは、初回無料で占い・霊視鑑定できる電話占いをこちらでまとめています。

電話占い無料鑑定ランキング

初回無料電話占い・霊視鑑定サイトまとめ

 

例えば、電話占いウラナなら約15分無料電話鑑定つきですから、お試しだけでもお気軽に^^

 

ペットの気持ちをリーディングできる占い師・鑑定師の在籍数

各電話占いサイトの有能な鑑定師は以下のとおりです。
サイト選びの参考になさってくださいね。

  • 電話占いウラナ:22人
  • 電話占いデスティニー:非公開
  • 電話占いヴェルニ:153人

 

シェアありがとうございます(^^)

  

関連ページ

無料で頼める亡くなったペット・愛犬とのアニマルコミュニケーション・霊視
亡くなったペットの魂はどうなるのか?死後のペットとアニマルコミュニケーション・霊視が可能な理由、自分でもできる亡くなったペット・愛犬・愛猫の気持ちを確かめる方法などについて紹介しています。
飼い主自ら死後のペットとアニマルコミュニケーションする方法
アニマルコミュニケーションは、霊感・テレパシーを用いて動物とつながりコミュニケーションする手法です。ペットの死後であっても、飼い主自らアニマルコミュニケーターはペットの魂とつながることができます。
亡くなった犬の気持ちが知りたい!本当に幸せだったの?
約13年間、家族同様に過ごしてきたミニチュアダックスフントが昨年亡くなりました。少し心に傷を負った妹に癒しを与えてくれる存在になってくれればと、それまで犬を飼ったことの経験のない家庭にその仔はやってきました。