恐山のイタコ 沖縄のユタの違いとそれぞれの特徴

イタコ ユタ

  

恐山のイタコ 沖縄のユタの違いとそれぞれの特徴

日本には古来から霊能力を持つ霊媒師や占い師が様々な人々の相談に乗ったり導いたり、あるいは未来を予知したりといったことを行ってきました。

 

現在でもその風習は残っており、恐山のイタコや沖縄のユタなどが有名です。
さてそんなイタコとユタですが、両者に違いはあるのでしょうか。基本的には地域や呼び方によって違うものの、その性質は似ています。どちらも霊と交信し、降霊術や口寄せを行います。

 

ただしイタコが元々は盲目、弱視の女性が長期間厳しい修行を行ってなる職業だったのに対し、ユタはある日突然霊が乗り移ることによって、霊能力を会得すると言われています。とはいえ恐山のイタコ 沖縄のユタ両者ともに歴史を継承し、研鑽を積み重ねることによってその地位を確たるものにすることには変わりありません。

 

このような特別な霊能力を持った恐山のイタコ 沖縄のユタに対し、人々が困難に出会ったとき相談や判断を仰ぐのです。するとイタコやユタが死者と交霊することによって解決に導いてくれるというわけです。

 

さらに沖縄のユタは別名シャーマンとも呼ばれています。そして超自然的な力でもって霊媒師や占い師のような役割をするだけでなく、地元の人にとっては一種医者のような役割もしていたといいます。ですので病気や怪我といった健康上に問題がある場合、ユタに判断を仰ぐといったことも行われていました。

 

今でもイタコは恐山で祭りごとがある場合などには集まってくるので、こちらは会うことが可能です。ただユタに関して神聖なものとされているのでそう簡単には会うことができません。それというのもユタというのは現在、沖縄の霊を鎮めるための存在となっており、沖縄以外の人間がその能力を借りて相談をするといった存在ではなくなってきているからです。

シェアありがとうございます(^^)