自殺した人の気持ちを知りたい…亡くなった大切な方々と霊的交信する

自殺した人の気持ちを知りたい

  

このページでは、身近な方が自殺され、どうして自殺なんてされたのか…その気持ちが知りたくて普段の生活がままならない方のために、筆者個人の考えになりますがまとめています。

更新日:29.1.23

 

自殺される方々の人数や理由

自殺される方々の人数や理由

国内で自殺される方々の人数は年間3万前後で推移してきました。
自殺率は下がりつつあり2015年には2万5千人を下回りました。

 

それでも諸外国と比べると少ないとは言えない、日本の自殺…。

 

 

どんな気持ちで自殺されるのか…。
同居している家族がいても、また、交際中の異性がいても、死を決断する人もいっしゃいます。
そんなとき、周囲の人は困惑し、混乱し、なぜかと悩んでしまいます…。
自殺する理由は?周りの人たちをどう思いながら自殺されるのでしょう?

 

あくまで筆者なりにですが、考えていきたいと思います。

 

 

警視庁による自殺理由の調査結果

自殺の理由は、警察庁の調査によりますと、約4分の3の方が残した遺書などからわかり、約4分の1の方は分からないそうです。

 

自殺の理由として分かったものでは、

  • 健康問題…1万5千人程度
  • 経済問題や貧困…7千人強
  • 家庭の問題…4千5百人程度
  • 仕事の問題、職場の人間関係…2千5百人程度

(理由は一人の人で2つ以上になることもある)

 

生産世代の男性では経済問題が多く、女性を含めてその他の方々では全体的に健康問題が多いそうです。

 

 

自殺までに至ってしまう流れとして、

 

  • 仕事や事業の不振、職場や人間関係の問題、働き過ぎ
  • 身体の問題・病気、失業、借金(多重債務)
  • 貧困、家庭の崩壊、うつなど精神疾患
  • 死を決意してしまう

 

という傾向があるそうです。

 

 

自殺する方々がする周囲への配慮

自殺する方々の周囲への配慮

自殺の直前に友人、知人とわざと喧嘩をして憎まれようとする人もいらっしゃるそうです。

 

「前日話をしたところなのに」
「直前まで普通に話せていたのに…」

 

 

自殺される方との関係によっては、死んでも覚えておいてほしいということもあるかもしれません。

 

…ある意味計画的なのだと思います。

 

  • 残した人を悲しませたくない
  • 自分が死んでも、家族には元気に生きてほしい
  • 荷物になりたくない

 

とも思われるのかもしれません。

 

 

家族として、友人として大切な人の自殺を止められなかった後悔

もちろん、大切な人の異変に気付いて自殺を防止できるケースも多いのだと思います。

 

でも、家族として、友人として大切な人の自殺を止められなかったことを後悔し、落ち込んでしまう人が少なくようです。

 

本当に死を決めた人の自殺を、家族や友人が気付いても止めきれない。
失踪して誰もいないところで孤独に亡くなってしまうことが心配されます。
そうすれば自殺されたあと発見されるまで時間がかかり、お互いに寂しい時間長くなってしまうかもしれません。

 

遺族や友人が故人を思い続けると、故人に迷惑がられるかもしれない

遺族や友人が故人を思い続けると、故人に迷惑がられることもあるそうです。

 

実際にあったエピソードですが、ご遺族が恐山のイタコに何度も故人を降霊してもらったというのですが、降霊させられて明確に怒りをあらわす魂もいらっしゃるそう。

 

「死んだ私にこだわってないで、あなたは前に進みなさい!」

 

という事だと思います。

 

 

 

国や文化によって大切な人の死であっても捉え方は様々

大切な人の死であっても捉え方は必ずしも悲しいものではありません

死に対する考え方は諸外国、文化によってとらえ方は様々です。
例えば、インドでは今でも生活が楽ではない方々大勢おられます。
そんなインドでは、この世はそもそも苦しく大変なもの。
逆に死は、神様のもとへかえリ楽になれるもの。

 

インドでは死が近づいた人は、食べ物をとらずに水だけを飲んで過ごし1ヶ月ほどで亡くなるそうです。
都市部ではかわっているかもしれませんが、農村部などでは、その間、本人は食べようとしませんし、家族も食べさせようとしない。
ベッドに横になって過ごすそうです。

 

 

自殺しても成仏はされるようです

かなりスピリチュアルな話になりますが、死後の魂は迷いながらもあの世にいかれる、成仏されるそうです。

 

こういった考え方では

 

肉体の死 ≠ 本当の死

 

だそうです。肉体は死んでも、生命の本体は魂であり、魂としていきているということです。

 

肉体からでた魂は、通常、肉体から出た自覚がないことが多いそうです。
その分、あの世からきた“ガイド”が案内してくれるといいます。

 

ただ、ガイドに従うかどうかは魂の自由で、中にはアドバイスを無視する魂もいらっしゃるとか。

 

しばらくの間は、あの世と現世を行ったり来たりしつつ、最終的には天国にいかれる。

 

日本でも、死後、四十九日が今生(こんじょう)の死と来世の生との中間の期間と広辞苑に載っているくらいです。
この間は、魂が顔族の近くにいらっしゃることも多いそう。

 

筆者も葬儀に参列させていただきますと、なんとなくですが、故人の魂の存在を感じる事があります。
葬儀ですと亡くなった直後ですから、霊感がない筆者でも感じさせていただけるのかもしれません。

 

自殺した方、故人の魂との交信の可能性

自殺した方、故人の魂との交信を可能にするイタコなどの霊能者たち

  • 自殺した友人にどうしても聞きたいことがある
  • 亡くなった方の魂と交信をしたい

 

そう望まれる方はもちろんいらっしゃいます。
亡くなった方との交信を頼める人としては、前述の“恐山のイタコ”の方々が有名だと思います。

 

イタコの方々だけではなく、死者の魂と交信できる人は実は世の中に沢山いらっしゃいます。
イタコの方々を含めて、いわゆる“霊能者”と言われる方々。

 

この霊能力は誰にでも発揮しうるものだそうですが、イタコの方々にしましても相当な修行をされます。
長期的にそういった方向を意識して、霊能力を開花できる可能性も十分ありそうです。
ただ、プロのイタコや霊能者の方々までは行かないかもしれませんね。

 

(筆者は、霊能力を開花したくて、“一応”ですが、ゆるゆると霊的なものとつながるための練習はしております。別の機会に記事にさせていただきます。)

 

死後の魂と交信する方法

死後の魂と交信する方法として

 

  • 降霊・仏おろし
  • 霊視・霊聴・霊感
  • 守護霊・天使・守護神等を通じて

 

といった方法があるそうです。

 

筆者は、まだこの様な機会をいただいたことはありませんが、この先、両親が亡くなったら時々は天国の様子を聞いてみたいなと思っています。

 

筆者は祖父母との思い出はあまりないものですから、頼んだ事はないですが。
でも、祖父母というと亡くなってしばらく時間が経っています。

 

もしかして新しい人生に転生しているとしたら、魂は現世にいらっしゃるわけで、「天国には不在ですよ」などと言われるのでしょうか(笑)

 

 

全国にいらっしゃる霊能者の方々

全国にいらっしゃる霊能者の先生方

青森恐山のイタコ、沖縄のユタの方々を含めて、全国に霊能者の方々いらっしゃるわけですが…

 

「じゃあ、○○県だと、どこに行けば霊能者に会えるの?」

 

となりますよね。
いずれ、そんな情報もまとめられたらとは思っているのですが。

 

ここで紹介するとしますと、全国どこからでも利用できるので、
“電話占い”というサービスが良いと思います。

 

 

電話で霊能者に鑑定・霊視、各種占い、亡くなった方との交信などを頼めるのですが、

 

費用=通話時間

 

というシンプルさが受けて、今人気が出てきています。

 

気になる通話時間は、電話占い会社や霊能者・占い師によって違いますが、
1分あたり200~300円程度です。

 

つまり、10分で数千円、20分で5千円程度です。
フリーダイヤルの電話占いを選べば、上記の費用以外はかかりません。
(登録料等もかからない電話占いが一般的ですが、時々通話料はかかる会社があります。)

 

 

筆者は、人生の節目・節目(仕事上の新しいプロジェクト開始時、起業時・独立時、修羅場を迎えた時…)で、電話占いを利用してきました。

 

…今振返ってみても、正直、救われてきたなと思います。

 

初回無料の電話占いでお試し

電話占いって、何?という方が多いと思いますが、
初回無料電話占いのサービスを提供しているサイトがいくつかありますので、トライアルとしてはこういったサイトを利用されると良いと思います。

 

筆者がよく使うのは電話占い“ヴェルニ”というサイトです。

 

ヴェルニの霊能者の方々は、生来からとか、幼くして霊能力を開花された先生が多い印象です。
オーディションで選ばれた280名の先生が所属しておられ、業界最大級になります。

 

例えば、亡くなった方との交信をよく依頼される先生として、蘭々 (ララ) 先生という方がいらっしゃいますが、電話占い料金は1分210円となっています(29.1.22現在)。

 

他にも、霊感・霊視・霊聴・守護霊対話を得意とされる先生が211名いらっしゃいますので、

 

  • 霊能者の名前・写真
  • プロフィール
  • 音声メッセージ
  • レビュー

 

などをパラパラとご覧になり、ピンと来る先生に相談してみると良いと思います。

 

 

電話占いヴェルニはサイトから会員登録し、

 

  • お気に入りの霊能者を登録してみたり、
  • インタビューを閲覧したり、
  • コンシェルジュに相談してみる

 

といった操作をすると、2千数百円分のポイントがつきます。
前述の蘭々先生だと、10数分は無料で鑑定してもらえます。

 

簡単に亡くなった方との交信をお願いするだけなら、無料で済むと思います。
それで、いいな、と思われたら本格的に色々と教えてもらうと良いかもしれませんね。

 

  • どうして自殺を選ばれたのか
  • 死後はどんなことをかんがえていらっしゃるか
  • 残した方々に対してどんなことを思われているのか

 

などを詳しく聞ければ、亡くなった方を理解できるかもしれません。

 

電話占いヴェルニをお得に使う方法や比較はこちらでご紹介しています。

 

今世に残ったあなたが“今をしっかり生きる”ことに集中できれば、筆者としてはうれしいです^^

 

シェアありがとうございます(^^)

  

関連ページ

愛する人の死を乗り越えるために
愛する人の死を乗り越えるために、死生観と占いについて考察します。
亡くなった人の魂と交信する(家族・友達・恋人)
死生学と占いについて考察します。
生きている意味がない
死生学と占いについて考察します。
死後の世界でも使われる占星術
死後の世界(ソウル界)でも、なんと占星術が使われるそうです。次の人生をいつスタートするかには、占星術が重要な役割を果たすそうです。誕生する場所、年月日、時間が決定的なポイント。